2014年11月28日

楽園追放

久し振りに映画見ました。楽園追放。珍しく3DCGなのに原作無しのヤツみたい。えらい出来がいいということで見に行きつつも、早速見に行ってきてた同僚曰く、ストーリーはいいのにキャラが古臭いと・・・うーん。実際どうなんだろう

で、見た結果。うん、普通に面白い

いや、漫画原作とかじゃないヤツとかって大体ストーリーがダメなケースが多いと思ったんだけど、すごいよく練られてるというか良くできた話しでした。テンポも良いし。何より見終わった後、映画みたなーって気になれた。特に戦闘シーンとかカッコいいなーって思ってたら、板野サーカスさんがモーションアドバイザーとかについてて、納得。やっぱSF書かせたら日本発がいいいなと

でもね。やっぱ気になるんだよね。演出なのかなぁ。いちいちセリフがまどろっこしいっていうか、長いっていうか、クサイの。何その説教くさいセリフーみたいなね。いや、それよりもあの萌え要素かなぁ。もうね美少女とかそろそろ卒業しようよって思うのは私だけなんでしょうか。いちいちテンプレートみたいなリアクションがウザかった。あーゆーのもったいないなぁって思う。あの服装とかもね。なんとかならんのかね。あーしないとアニメってのは売れないんだろうか。誰か実験してみてほしいよ。いっそのこともう美少女抜きにしてSF書いてみて。あのストーリーと躍動感とテンポなら行けると思うんだけどなぁ・・・まぁでも美少女でないと見ないって感じの層が多いなら仕方無いのかな

というワケで、普通に面白い映画だった。たいしたもんですよ。あーゆーのが売れるといいなって思った。というわけで是非みたってください
posted by Nlog at 18:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・映画・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック