2005年09月23日

E90インプレッション1

さて。そうこうしているうちに1,000kmくらい走ったので、それなりの感想を。どっからいきましょうか。まずは走りですかね。

例によってまだ慣らし期間なので全開にはしてないのですが、3〜4千回転以下でも、長い坂とか以外では十分加速します。意外だったのがエンジン音ですね。なんか妙に迫力ある音です。排気音もマフラーなんか換えなくても十分いい音だしてますし、エンジン自体の音も妙にカッコいいです。ただ、先日E46の328iに乗せてもらった時に気づいたのは、やはりシリキーシックスとは別物かな、と。しかし、早いとこ全開にしてみたい、という欲望に駆られる程度には、良いエンジンなのはたしかです。

しかし、特筆する点はやはりハンドリングでしょうか。慣らしがてら箱根近辺を一通り走ったのですが、全然軽く走っているだけなのに妙に楽しいです。なんて言うか、良い意味でのFRだなって思います。相変わらず抽象的ですみません。例えば、FDと比べて何ら遜色無いレベルでのハンドリングでした、というのが一番しっくり来る表現でしょうか。あの、コーナリング中に運転席を中心にして車が旋回している感覚は、かなり近いものがあります。しかも、ボディ剛性の良さも相まって、FDのハンドリングよりも安定感が感じられます。これは自分としては嬉しいです。簡単に言うと(誤解されるかもしれませんが)、FDのような切れ味を保ったまま、スタビリティが高まった、という感じでしょうか。いわゆる、気が付くとかなりスピードが出てる、というヤツです。それでいてクルマに乗らされている感じは薄いです。4つのタイヤそれぞれがどういう動きをしているかが、ステアリングを通じてかなり敏感に感じ取れる感触で、尚且つ自分からもアクティブにクルマを操作している感覚、と言えばいいんでしょうか。

ん。ちょっとインプレっぽくなってきたかな。
posted by Nlog at 21:15| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今更ですが記念カキコ!
私の場合は、2006年8月に、試乗もせずに買った320iツーリングのATでしたが、おっしゃっていることは、とてもよくわかる気がします。
この車のおかげで、生れて初めて車をきちんと動かすことの意味や感覚を知りました。
Posted by スパグラ at 2012年12月11日 21:40
なんと。こちらにコメントを頂いておりましたかw 2006年にE91を買われていたのですか。共感して頂いてうれしいです。でもほんと、私もE90が初めてのBMWで、この車でいろいろと目からうろこが落ちるような体験が多かったです。車ってのはエンジンが云々だけじゃなくて、総合力なんだって。いやホント、E90はいい車です!
Posted by Nlog at 2012年12月11日 22:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック