2005年05月07日

タイヤ交換

久しぶりにタイヤを交換しました。作業時間実に1時間。自分に衰えを感じます。

まずジャッキアップするだけで一仕事。FD自慢のアルミジャッキはなんだかヘニャヘニャして頼りないです。もちろんちゃんと使えるんですけどね。でもやはりジャッキアップは油圧式が欲しい所です。昔もってた油圧式はとっくの昔に錆だらけになってたので親が捨てたそうです。

タイヤを外す際は純正16インチなので多少軽くていいんですが、社外17インチが、これまた妙に重い。いや、軽いの買えばいいんでしょうが、そんな支出は許されない事情があるのでその点はあきらめます。ナットを仮留めするだけでゼーハーものです。ジャッキを降ろして増し締めした時点で、あと3本ですかそうですか、と肩を落とします。

そんなこんなで4本の交換を終え、今度は外したタイヤをエレベーターまで運び、さらにそこから家に入りベランダまで持っていきます。この時点で1時間を超えていました。

なんていうんですかね。タイヤ交換ごときでこんなに苦労するなんて、、、。ていうかこれが14インチとかだったら楽勝なんですかね。それとも単に歳とったからでしょうか。なんか自己嫌悪に陥った今日この頃です。

因みにタイヤ交換した後にちょっと車高調整などもしてみましたが、結構下げたつもりが全然下がってなくて残念。本来なら試行錯誤の上、理想車高まで持っていきたい所ですが、1回の調整が体力的にも限界。その昔、日に3〜4回車高調整とかしてたのが信じられないです。
posted by Nlog at 13:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

E90

まだ発表前なのに、なぜか近所のディーラにニュー3シリーズ(E90)が飾られていたので早速見させてもらいました。しかも試乗車があるとの事。ためしに乗せてくれ!と言ってみた所、快くOKが。120iではなぜか試乗車に恵まれなかった私 ですが、まだ珍しいE90にはこうも簡単に試乗車に巡り合えるとは。というわけで軽く試乗させてもらえました。

まず見た目ですが、良くも悪くも最近のBMWデザインだなぁ、という所です。パッ見はE60なんですが、顔つき的には120i(E87でしたっけ?)って感じです。いずれにしろまだ違和感はありますが、トータルバランスとしては悪くないので見た目的にもすぐに慣れるでしょう。

気になるのは車幅でしょうか。1800mを超えた車幅はもう3シリーズって感じじゃないです。立体駐車場な皆様には結構なインパクトがあるかもしれません。出先での狭い駐車場でも苦労するかもしれませんね。

乗り心地に関してですが、E46よりもさらにがっしりした感じがありますが、Mazda乗りとしてはE46でも十分って所でしょうか。やっぱりボディがしっかりしてるってのはいいですね。試乗したのはノーマルサスの奴でしたが、当然スポーツサスもオプションで設定されているので、その辺の乗り心地も是非試してみたいものです。きっと私好みの固めでシャキっとした乗り味でしょう。ボディ自体にそう思わせるしっかり感がありました。

気になるエンジンですが、「思った以上にパワーがありました」以上でも以下でもなかったです。まぁ所詮は2Lというのが正直な感想です。E87やE90の直4エンジンは前評判が良すぎでしたから、ちょっと期待しすぎだったのかもしれません。でも必要にして十分なパワーだと思います。トルク特性なんかもとてもスムーズでしたしね。というより最近普通のNA2Lに乗る機会無いからなぁ。やっぱり加給機付きや3Lクラスのエンジンと比べるとパワー的に見劣りするのはしょうがないですよね。

個人的に気になったのが6ATです。Mark Xで初めて乗った 6ATですが、共通しているのはギア比。やはりかなりMTに近いです。乗りやすいです。でもATとしてのスムーズさや軽さ(というのかな?)は、なんかトヨタの方に軍配が上がるのかなというのが、個人的な感想です。

しかしクルマ全体としての味っていうのかなー、なんていうか、乗った感じはやっぱBMWっていいよねー、と思ったのが正直なところです。やっぱりアバウトですよねー。ただ単に外車が好きってだけなんじゃねーの? とか言われると、その通りなような気がしないでも無いです。

後は見た目的に慣れるのが何時ごろかな、って感じです。良いクルマでした。ホント。

というワケで結構いいクルマだと思いますので、クリックを是非
posted by Nlog at 18:31| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

レンタカー@マウイ

早速借りたクルマについて一言。借りたのは荷物だなんだの関係でこんなんです。

Maui-Rentacar.JPG

もうこれでもかってくらいデカい。アメ車は全然詳しくないんでアレなんですが、多分クライスラー300Cのワゴンみたいな。しかも多分V6-3.5Lあたりの250馬力の奴だと思います。ボンネット開いてないのでわかんないですけど多分5Lの方じゃないと思いますが、とにかくこいつ、トルクはあるんですがすんごい重っくるしいエンジンです。なんつーかこう、ホントに250馬力ある?みたいな。多分エンジン以上に車体が重いんでしょうね。きっと2tくらいあるんじゃないでしょうか。

でもアメリカでの広い道路にはこういった車が似合いますね。乗り心地もこちらの道路(ガタガタ)とか考えるとこれでいいかな、って感じです。続きを読む
posted by Nlog at 12:49| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

Mark X

先日Mark Xを運転する機会に恵まれました。大体100km程のドライブで、高速+下道を半々くらい。渋滞アリ、高速走行ありと満遍なくドライブを満喫しました。2.5LモデルのATです。

このクルマに乗ってみての感想ですが、率直にいって良い意味でも悪い意味でも 前回インプレしたクラウン みたいな感じでした。ただし6ATは今回が初。なんかギア比的にしっくり来たのが印象的。ATの嫌いな理由の一つがギア比なんですが(妙にギアの間隔が開きすぎな所)、さすがに6ATともなるとかなりMTのギア感覚に近くなります。ホント、最近のATはなんだかレベル高くなってきましたね、と感じた次第です。でもだからといってMTより良い!とは思えないですよねー。

で、クルマ自体はどうだったかと言うと、最近のクルマっぽく車体ががっちりした感じがして好印象です。でもなんかやっぱりフワフワしてるんですよねー。乗り心地としては、固めのドイツ車の方が好みです。まぁそれでも昔のトヨタ車よりは良くなってきたかなぁとも考えられます。GX81の頃のマーク2とか純正だとフワフワして気持ち悪くなった記憶がありますね。まぁあれは今となってはいじり倒された車両の方が多いかもしれませんが、、、。

でもMark Xは総じて良い車かな、と。自分では買わないと思いますが。
posted by Nlog at 19:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

ポルシェ

Yahooで始まった東京都主税局のインターネット公売ですが、ちょっと除いてみたところ、ポルシェ様が。

年式も走行距離もそうとうきてますが、それでも55万円は魅力です。入札は1回きりってのがいいですね。55万円で買えれば結構お買い得のような。でも結局修理にン百万円かかるってオチがありそう、、、。

なんか、インターネットってすげぇな、って思いました。
posted by Nlog at 15:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

ナビ

ところで先日乗ったクラウンですが、ナビが付いてました。あー、取説読まなきゃなぁとかって思ってたのですが、面倒なんで適当にいじって目的地を設定してみた所、思った以上に簡単に設定できちゃったりします。しかもルートとか簡単に変えられるし。しかも途中全然知らない所で大渋滞になった時に適当に迂回しても目的地方向探してくれるし。予測時間とかも結構頑張って計算するし。なんか直感的な操作性が気に入りました。ナビっていいですね。こんな私でも使いこなせそうだなって思いました次第です。

これなら小旅行で道に迷って奥方に怒られる事なんて無いですね!オデッセさんの言う通りです。素晴らしい。来期予算に申請します。さて、稟議書かかなきゃ。
posted by Nlog at 12:56| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

クラウン

そういえば先日ゴルフをした際、諸事情によりレンタカーを借りました。4人+ゴルフバッグがキッチリ載る必要があったのと、だからといってミニバンは運転したくないという理由から、価格が許す範囲内で大き目のセダンを探したところ、クラウンになりました。年式・グレード的な詳細はこちらです(多分)。

久しぶりに3Lクラスを長距離運転しましたが、一言。いいね、これ。なんていうかATしか設定の無いクルマとかって全然眼中に無かったのですが(詳しくはMT派の項を参照ください)、伊達に「いつかはクラウン」を名乗ってないな、と。何より驚かされたのは、高速走行性です。全然疲れません。大排気量のクルマは高速走行がラクだというのは良く言われる事ですが、改めてそれを実感しました。FDによるドライビング自体の喜びとは完全にベクトルの違ってはいますが、これはこれでいいかな、と。これならATでもいいのかな、と。あ、こうやって人はAT派に転ぶのかな、と。

違う。間違いました。訂正します。クルマっつーのは少なくとも自分にとってマニュアルトランスミッションじゃなきゃ駄目なんです。というワケで却下。あーあぶねあぶね。

でも良かったなー。
posted by Nlog at 09:56| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

ハコスカと女性

先日、某大手電気会社の本社近くの駐車場にシブ目のハコスカが入って行く所を見ました。すげー、シブイねー、と見てたらクルマから出てきたのは、とても奇麗な女性です。若干お歳を召していそうではありましたが、なんつーか、おー、カッチョエエー、と見惚れてしまうわけですね。旧車と女性の組み合わせってのは、なんかこう目を惹きます。しかも、その女性はバッチリと高そうなスーツを決め込んで、颯爽と某大手電気会社の本社ビルに入っていきます。本社ビル。うーん。どんな役職についていらっしゃるんでしょうか。なんか朝からとても良いもの見たなー、と思いました。

因みに、そのクルマを良く見るとナビとかついてて、なんか今時だなー、とかも思ったりします。でも。なんていうんですかね。あの手の、いわゆるネオヒストリック系のクルマは地図を片手に運転してもらいたいかな、とかも思うんですけどね。その辺どうなんでしょう?意見が分かれる所でしょうか。古いクルマでもナビは必要なのでしょうか?

因みに私は地図派です。決してナビが使いこなせないからじゃないです。ホントです。
posted by Nlog at 09:35| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月25日

BMW 120i

久しぶりにディーラにいきました。見に行った車は車歴からもわかる通り、ハッチバック好きな私が気にしてやまないBMW 120i。

雑誌なんかで見た感じでは、見た目に難有りかな?と思っていたのですが、なかなかどうして。間近で見るとかなりカッコ良いと思いました。特にボディーなんかは、板金屋さん泣かせ(というか工場泣かせ?)の凝ったプレスが印象的です。リアハッチの取っ手(BMWのマークがそのままレバーになる)や、スタートボタン、iPODを意識したAUX-in端子など、細かい所まで結構頑張ってるなー、と感心しました。なにより、いまどきハッチバックでFRで新車で買える車なんて無いですよね。このクラスは、まず間違い無くFFで投入されるところですが、、、。いや、BMWさん、あんた男だよ!

ところが。

MTの設定がありません。展示車がATなのは良くある話しなんですが、ラインナップとしてMTがありません、だってさ。完全にMTへのやる気ゼロです。それでも、以外と隠しオプションとかで対応してたりすんじゃないのぉ?とかおどけてみますが、営業さんの表情は硬いです。無いものは無いです、と。曰く、現行3シリーズ(E46でしたっけ?)で頑張ったMT設定も、売れたのは最初だけで、後はさっぱり売れず、もうイヤになった、との事だそうです。

なんだよーって不満たらたらで帰ってきました。、、、でも試乗くらいさせたっていいじゃん。なんだよ、ケチ。
posted by Nlog at 20:07| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月16日

車検

今年からなんだか厳しくなったみたいですね、車検。2年前通った車高では通りませんとの事でした。でも実際はバネがヘタって車高が去年より下がってたのが最大の原因だったのですが、、、。

そんなわけで急遽足回り変更を余儀なくされました。以前から嫁に、ねーねーそろそろ足回り変えよーよー、とか言って、その都度、つーかまだ全然乗れるから、必要無いから、と突っぱねられていた私でしたが今回は、ねーねーなんか車検通らないらしーよー、しょーがないわねー、の2つ返事。マツダさん超ナイスプレー。大感謝。

で、車高調の感想。なんかクルマがシャキっとしました。あーこれがFDなんだよ、うん、ってカンジです。つーか今までの足ヤバすぎ(ビル+アイバッハ)。やっぱ中古で買った上で4年以上そのままってのはマズイっすよね。ははは。でも乗り心地はあっちの方がよかったんだよねー。最近はちょっとマズクなってきてたけど。

それから車高。やっぱ車高ってある程度必要ですね。やっぱ地面スレスレがシブイっしょ。とか言ってた自分がアホだと実感しました。改めて。やっぱ車高、高い方が安定しますネ。安心ですネ。素敵ですネ。

、、、つーか俺もオトナになったなー、なんて感じた次第です。
posted by Nlog at 20:17| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月10日

外車

久しぶりにクルマの話題を。マツダ党の私ですが、最近はかなり外車に傾いてたりします。でもその昔は典型的な外車否定派だったです。例えば、
・同じ価格だせば2〜3ランク上(定義曖昧)の国産が買える。
・排気量に対して馬力少なすぎ。
・あんなもん見栄っぱりが買えばいいんじゃー。
など、今思えばかなり好き勝手言ってました。

で、あの当時年配の方からよく言われたのは「ずっと国産のクルマ乗ってると外車が欲しくなるんだよ」です。で、じゃぁ外車の具体的にどの辺がいいのよ、など問い詰めて年配の方をよく困らせていたものです。大体の方が「やっぱり品というか格が違うんだよ」など抽象的な事を言われるのですが、じゃぁ格って何だよ、とか、目隠ししてこれベンツだよーって言われて、マークUあたり乗せられても違いわかんのかよ?え?おい。どーなんだよ。とか、すごい失礼な事を言ってたような気がします。

ところが最近はどうだ。自分自身が外車好きになってて、しかも具体的に何がどう良いのか問われると答えられないじゃないか。純粋に、やっぱ外車っていいよなぁぐらいしか言えなかったりします。あの当時私に問い詰められた年配の方々の気持ちが非常に良く分かります。あー。なんか悪い事しちゃったなー。反省です。もうしません。ごめんなさい。許してください。

と同時になんだか俺も年とったなぁ、とかも思います。やっぱり若いと国産、年取ると外車に走る傾向にあるのでしょうか?私の身の回りでもクルマ好きは外車の話題ばかりになっていく傾向にあるようです。そして当然30歳未満の彼等からは、えー、あんなんどこがいーのー。とかいってて、それに対して、バーカ、お前にはわっかんねーのかよー。とか言ってたりします。

、、、歴史は繰り返す?ちょっと違うなぁ。でもなんか、そんな気分です。
posted by Nlog at 10:48| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月13日

車歴6(まとめ)

車歴をここ1週間くらいでざっと書いてみましたが、この辺でちょっとまとめてみます。簡単に各クルマのスペックも書いて並べてみましょう。

EP71(トヨタ / FF / 5MT / 750kg  / 93馬力?)
KP61(トヨタ / FR / 4MT / 690kg  / 72馬力?)
AE86(トヨタ / FR / 5MT / 950kg  / 130馬力)
NA8C(マツダ / FR / 5MT / 990kg  / 130馬力)
FD3S(マツダ / FR / 5MT / 1260kg / 265馬力)

ごらんの通りトヨタ党からマツダ党へ、FFからFRへと移行していってます。ミッションに関しては一環してMTを死守してますが、車重、馬力とも、FDからいきなり系統が変わってきてるのがわかります。こうして並べて考えた事が無いので、たった今気づいたのですが、次のクルマを車歴から考えるのも面白いですね。単に思いつきでやってるだけなんですが。

てゆーか順当にいけば次はRX-8になるのでしょうか?それとも開発がウワサされている次期RX-7が出るまで待つ?いや、むしろここは原点に戻ってVitzRSとか?いやいや、漢ならここは気合でバーキンセブンですか?つーかやっぱりポル(略)

こうして日頃バカな事考えてます。毎日が楽しいです。
posted by Nlog at 12:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月12日

車歴5

ちょいと間があいてしまいましたが、次いきましょう。

NA8Cに乗っている頃に結婚したのですが、やっぱり結婚したら2シーターって不便だよねー、などいいながらちょくちょく休日を利用してクルマを物色するようになりました。主にセダン系。この頃から外車とかが気になるようになりました。やっぱ外車でしょ、などいいながら。最低でも4人は乗れないとね、といいつつ入念に探した結果買ったのがRX-7ことFD3S(5型)です。なぜFD?4人乗れるからです。

こいつの魅力はいろいろあるのですが、やはりはじめてのターボ車というのが一番の違いでした。ロータリーはトルクが無いから、、など言われてますが、当時の私としては、こいつのどこがトルクレスなんだ?と驚いたものです。なれてくるとトルク不足に悩むわけなんですが、その当時はただただ圧倒的な馬力にびっくりするだけでした。それと同時に初めての車重1t超もスムーズになれてきたものです。

それまで乗ってたクルマからの違いとしては、まずギア比。街中では4速にも入れれません。3速全開でぬおわkm/hほど出るので、ところ構わず全開というわけにはいかなくなりました。街中で楽しむ分にはやはりローギアードに限るなぁと思った次第です。ただ、これは場所を限定すれば良いだけの話し(ほんとか?)だったのですが、問題はアクセルレスポンスと燃費です。

前者に関しては本当に異次元でした。いわゆるシフトダウンで全然決まらず、いらいらしたものです。これはNA→ターボ乗換組は誰でも通るものみたいですが、実際みなさんで同様の方はいらっしゃるのでしょうか?是非意見を聞きたいものです。

後者に関しても異次元でした。ガスを入れる時はいつも満タン法で計算する私ですが、あまりにも数字が想像の範囲を超えているので、「あれ?どっちで割るんだっけ?」と計算式がわからなくなることもしばしばです。今では慣れましたが。因みにFDでの自己記録はいまだに6km/L超えられません。アベレージは4km/Lですね。

で、肝心の走りですが、FDは私の中ではスーパーカーとして認定して良いと思ってます。間違いなく世界に誇れるクルマのひとつでしょう(あくまで私の個人的な見解です)。パワーに関しては、4000rpm以上ではいわゆるどこまでもまわっていくフィーリングは他のクルマ(エンジン)とは一線を駕してると思います。逆に、4000rpm以下は、、、例えば5速で3000rpmを切ると加速する気になれない程弱かったりします。FD、というかロータリーの欠点は、「あ、これ以上はエンジンが可愛そう」とドライバー側が必要以上にナイーブになってしまう所でしょうか。

エンジンに関しては好き好きだと思いますが、ハンドリングに関しては大半の人が絶賛するのでは無いでしょうか?あの、ドライバーを中心にクルマが方向を決めて進んでいく感触は、今の所他のクルマでは味わってません。そんなに乗った事ないので対した事はいえませんが。私的には、こいつの高いコーナリングスタビリティを使いこなすのが夢なのですが、、、まだまだ先の話しですね。

そんなわけでFDにはまだ乗ってます。
posted by Nlog at 15:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月09日

車歴4

社会人になってからしばらくして、身の回りで次々と新車を買う人が増えました。その流れで私もディーラーなどに頻繁に足を運び、買う気も無いのに試乗させてもらったりしてたものです。ディーラーさんごめんね。でも今も似たような事してるけど。

そんな中、某Mazdaディーラーでとてもアグレッシブな営業の方と出会う機会があり、気が付いたらNA8Cロードスターのローンを組んでました。頭金無し、36ヶ月の漢ローンという奴です。今は漢ローンの条件と言えば60ヶ月ですかね。とにかく無理をしたもんだと、今でも思います。というよりあの営業の人もよくローン組ませたなー、とか思います。いたいけな青年を捕まえて、あんなローン組ませるなんて、、、。でもあの営業の方にはかなり良くしてもらったので今でも感謝してますが。

で、初めての新車で喜んでいるなか、納車3日目にして車内荒しに幌を切られて速攻で幌交換(全額自腹)したのも今となっては懐かしい思い出です。むー。今思い出しても腹立たしいですね。ホント、ヒドイ事する人もいるもんだなーと思ったものです。つーかあの車内荒しさん、ここ読んでたら名乗り出てください。ぶっ殺して差し上げます。マジで。
NA8Cの走りですが、初めての新車という事も手伝って、いろんな意味で感動でした。ファンツードライブって奴ですか?それこそ駄作、みたいな扱いをされてるエンジンも、言われる程悪くは無かったと思います。ただ、高回転までブン廻してイエーイ!という感じでは無いのはたしかですが。ただ、86などに比べて中低回転域でのトルク特性は良かったと思います。クルージングといえばいいんでしょうか?軽く流しても気軽に楽しめる所が自分的にはヒットでした。ただ、今でこそライトウェイトとか言われてますが、動きはそれまで乗ってたクルマより鈍重な感じはありましたね。ハンドリングも慣れてからは気になりませんでしたが、乗換当時は無意識にKPの挙動と比較してたと思います。

でも新車購入からの私のクルマ生活はかなり変わりました。とにかくパーツ類は新品で揃えだし、あれよあれよという間に金が無くなる生活に突入です。それまでパーツと言えば解体屋。目的は修理、という自分が、車高調、アルミ、洗車グッズなど、がんがん買い揃える事になっていきます。
posted by Nlog at 21:37| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車歴3

EP、KPは学生の頃に乗ってた車ですが、晴れて社会人になってからは、以前から欲しかったAE86を買いました。初任給を全額投入しました。「おまえなぁ。初任給ってのは家に入れるもんなんだよ。それが親孝行ってもんだろう。」年配の方々から口々に言われたものです。もちろん私は親不孝ものなので全然気にしません。

これを買った頃は、ちょうどイニシャルDが流行りだした頃なので、3drのバンダトレノは絶対に避けようと思いました。というより、以前から好きだった2drのトレノGTを中心に探し、とある中古屋で買いました。お世辞にも程度が良いとは言えないしろものでした。
でもやっぱり走りは良かったです。それまで1.3Lしか乗った事が無い私としては、1.6Lってすげーパワフル!と思ったものです。というより4AGが名機と言われるのが良くわかりました。このクルマ、ボディはかなりやられてましたけどエンジンだけは妙に元気で、とにかくすげーよくまわりました。峠でも別の意味でよくまわりましたが、、、。

4AGは非力だとよく言われてるようですが、個人的にはすごい好きです。前期だったのでたしかグロスで130馬力程度です。当時サイバーCRX(EF8だったか?)のVTEC(ネットで160馬力)に乗ってる悪友がいたのですが、直線でも十分ついて行けましたので、なんか表記馬力は関係無いんだな、と思ったものです。いわゆる数字で表れないフィーリングがいけてるって奴でしょうか。何かすごい適当な表現ですが、理屈抜きでエンジンのまわりかたは好きでした。

また、ハンドリング面では一般的にかなり評価が高い86ですが(違う?)、私的にはKPの方が好きです。特に下りの挙動はKPの方が素直で扱いやすいと思います。やはり軽さが効いているのかもしれません。といっても86も950kg(2drGT)程度なので十分軽いんですけどね。

ただ、パワーとのバランスという意味ではやはり86の方が良かったかな、とも思います。また、KPの方が良いといっても86も十分素直な挙動で扱いやすかったと、今となっては思います。私の乏しいドラテクを持ってしてもいろいろと楽しめたクルマでした。
posted by Nlog at 21:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車歴2

時間が出来たので次いきましょう。

次のクルマがKP61スターレットです。とある事情で譲り受けたわけですが、私の手元に来た時には解体屋さんに置いてあるような状態でした。取り合えずライトはつかないし、エアコンなんて外されてるし、フェンダー、ドア含め板金で直すなんてレベルじゃないし、、、とにかく誰がどう見ても捨ててあるとしか見えない状態だったです。でもクルマ買うお金無かったので何人かの知り合いの協力を得て、何とか公道を走れるようにまで持っていったのです。この時クルマの仕組みとかに何となく詳しくなりました。走りはもちろん、いろんな意味で勉強させられたクルマです

で、KPなんですが、見てくれはともかく走りは一品でした(まっすぐ走らなかったけど)。これまた70馬力台と非常に非力ながら、690kg(たしか)の車重により、登りはともかく、下りはかなり楽しめました。EPに乗ってても感じたのですが、とにかく軽いというのは走りの面ではかなり優位です。

FFが嫌いでは無い私ではありますが、FRって楽しい!と目覚めたのもKPに乗ってからです。で、とにかく軽い車に焦点が行くようになりました。今でも私がクルマを選ぶ基準に、車重はかなり大きなウェイトを占めます。
posted by Nlog at 21:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車歴1

久しぶりの更新です。何を書こうかなと考えてたら、以前車歴の紹介に関するリクエストを頂いたのを思い出しました。というわけで私の車歴です。紹介と共に歴代の所有車に関する思い出、クルマの特徴なども書いていきます。

はじめてのマイカー。白のEP71スターレットです。S-LimitedというNAの奴で当然5Fです。発売当時は「かっ飛びスターレット」の愛称で親しまれていたようです(ターボの方は韋駄天ターボだったかな)。正確にはそれまで実家のクルマ(ギャランΣ、もちろん4AT)を乗り回してたのですが、実家があまりにも不便な所だったので、実家のクルマを乗り回す私に腹を立てた親から「自分で買え」と言われて買ったのがEPです。当時人づてで紹介された方から、2年車検付きで20万円と破格で購入したものの、学生当時の私からすれば清水の舞台から飛び降りる覚悟での投資でした。

納車は12月。寒かったです。すぐに雪シーズンとなり、いわゆるFドリにめざめました。2ヶ月もたたないうちにドブに落として出られなかったのも、今となっては懐かしい思い出です。

EPの走りに関しては、「軽い」という事がすべてだったと思います。たしか750kgだったです。この車重だからこそ1300cc、93馬力(だったかな?)も許されるというもの。ただ、当時の私にとって比較対象車が2L/4ATのΣでしたから、加速性能としては十分だと感じました。というより、すげー速い!と感動して、道という道、1速だろうがなんだろうがレッドゾーンまできっちり廻しまくってました。はっきりいって危険極まりないです。ごめんなさい。

最近はそうでは無いと思いますが、当時はよく、FFなんて走りのクルマじゃない、なんてバカにされてましたが、元EP乗りの私から言わせると、FFだろうがなんだろうが十分楽しいし、早く走らせようと思えば出来ない事は無いです。てゆーか理屈抜きでEPはとにかく楽しいクルマでした。

で、愛しくてやまないEPですが、最後は壮絶な爆死で幕を閉じました。これもまたごめんなさい。私のせいです。あー。EP、いいクルマだったなー。
posted by Nlog at 21:10| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月06日

MT派(続き4)

そろそろネタ切れになってきたんで締めに入ります。AT車に乗り換えようかな、と思っている方へ参考になればと思って書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?今読み返すと、終盤にいくに従ってどんどん内容がいい加減になっていってるのに気づきましたが(今更)、なんか私自身の性格が如実に表れているような気がして、ちょっと反省してます。まぁこれも、とあるMT好きの戯言、という事で大目に見て欲しいです。こんなんじゃ駄目ですか?

で、少々くどくなってきた当ネタですが、今日は補足説明として、序盤にコメントを頂いたセミオートマに関してコメントしたいと思います。ここで言うセミオートマは、現在の大多数を占めるトルクコンバーターを使ったATでは無く、構造的にはMTとほぼ一緒で、ただ単にクラッチペダルが無いヤツの事です。あんまり詳しく無いんで、例によってアバウトな説明ですみません。

ただこのタイプ、まだまだ車種が少ないです。少なくとも私の知っている限りではAlfa Romeo殿から出ているセレスピード、後はBMW殿のM3や330iに搭載されているもの(名称失念)、或いは最近Audi殿から出てきたDSGくらいしか市場には投入されてないと思います。国産ではまだ無かったと思いますが、、、MR-Sについてましたか?いずれにしろ数えられる程度で、まだまだレアといわざるを得ないシステムです。しかも高い。おっと。高いと言えばフェラーリ殿にもついてましたね。たしかセミオートマを初めて量産車(と言っていいのか微妙ですが)に投入したのは彼等だったと思います。

では、MT派の私からこれらセミATをどう見るかですが、個人的にはやっぱりATなので圏外です。従ってこれらセミATを選ぼうとしている方にも、あきらめずにMTに乗る為の努力をして頂きたいと切に願ってます。

ただ、奥様のMT嫌いがどうしても是正出来ない場合は別です。このセミAT、私はAlfa殿の147にしか乗った事ありませんが、ものの見事にいわゆる従来式ATの欠点を補っていたと思います。アクセルレスポンス、ダイレクト感、ギア比、どれもMTのソレと全く一緒でした。すげーもん作ったなぁと、素直に関心しました。本当にクラッチペダルが無いだけ、というカンジで、MT派の大多数のミッションに対する要望事項が満たされていると考えても宜しいのでは無いかと思います。もちろんAT限定免許で運転できるので、アンチMT派の方にも受け入れられます。そう言う意味ではATvsMTで悩まれている方には、正に理想の選択肢と言ってもいいでしょう。

どうしても奥様がMTはイヤッ!という方はこんな選択肢もあるという事で参考にして頂ければと思います。

でもアレ乗ったときに、これっていつ壊れてもおかしくないなぁという不安感に駆られたんですが、実際の所、信頼性的にはどうなんですかねぇ。すごい画期的なシステムなのはわかるんですが、それだけに耐久性に難がありそうな気がしてならんです。購入を検討されている方はその辺は納得行くまで調べて頂いた方がいいかもしれません。

というわけで今回でこのコーナーは締めますが、また気が向いたら書いていきますので、引続きよろしくお願い致します。明日は何書こうかなぁ。
posted by Nlog at 09:07| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月05日

MT派(続き3)

さて、本日はAT→MT乗換理由第1位の「渋滞時に面倒だから」についてコメントしたいと思います。いよいよ佳境に入ってきております。もりあがってます。自分的に。

MTに乗っているとほぼ必ずと言っていいほど言われるのは、「MTって左足疲れない?」ですが、全然疲れません。むしろ心地よいです。これは渋滞時でも同じです。

どうも多くの人が「MT=左足が疲れる」と思っているようです。特にクラッチを切ったり繋いだりする動作は、渋滞時には致命傷と考えられてます。

しかし、果たしてこれは正しいのでしょうか?

日本で走っているクルマの9割以上はATだそうですが、欧州では全く逆でMTの割合が9割前後だそうです(適当)。じゃぁ欧州の人は左足が日本人より強いかというとそうでも無いです。普通のオヂサンやオバサンがヒョイヒョイとMT車を転がしていきます。もちろん渋滞だってそこかしこで発生してます。しかし左足が疲れるなど聞いた事がありません。といってアチラの方々が我慢強いのかと言うと、むしろ感情むき出しの人の方が多かったりします。また、みなさん左足だけが妙に発達しているわけでもなかったです。これら昨年、清水の舞台に飛び降りたつもりで投入した欧州旅行で確認してきました。少なくともフランス人の足は左右均等でした。

ようするに言いたいのは、「MT=左足が疲れる」は、ただの誤解だという事です。そんな気がするというだけで、実際はそうじゃないんです。みんな目を覚ましてください。実際にMTで渋滞に遭遇すると疲れるじゃん、という意見も良く聞きます。たしかに渋滞を抜けると疲れます。しかしそれはMTだからでは無く、元々渋滞というのは疲れるものなんです。MTの責にしないで下さい。いい迷惑です。

という事で、今日を以って「MT=左足が疲れる」はウソだという事が判明しました。皆様も身の回りでこのような事を言っている方を見つけたら、気のせいでしょ、と諭してあげて下さい。なぜだ、と言われたらネットに書いてあったしぃ〜とか適当に言っておけば良いです。それでOKです。たぶん。※

※ 若干無理矢理まとめてる感が否めないですが、この記事を書いている私本人がアバウトなんで許してください。

ただ一点。そもそも「MT=左足が疲れる」と思ってる人は、あまりMTに乗ったこと無い人に多いんじゃないかと思ってます。こういった人が、MTに乗っている人に対して「疲れるでしょ」と、たまたま渋滞時に言うと、言われたMT乗りの方は「そうかぁ。こんなに疲れんのはMTの責かぁ」と勘違いしてしまうのです。恐ろしい。

だいたいATで乗ってても渋滞は疲れます。私の実家が代々AT車なので家族旅行とかで何度もイヤな目にあってきました。むしろ渋滞の時はATの方が疲れます。何がいやかって、クレープ現象(クリープだっけか?)とかで勝手に進もうとするのを止める右足の方が疲れたり、アクセル戻しても減速しな(以下、長くなるので省略)

続く
posted by Nlog at 09:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月04日

MT派(続き2)

今日は、AT→MT乗換理由第3位の「欲しい車種にMTが無い」についてコメントしたいと思います。

これは簡単です。MTの設定が無いクルマは買わない。これだけです。そもそもMT派であれば、MTの設定が無いクルマは次期購入候補にあがらないはずです。だから買おうにも買えません。簡単ですね。

それでも、ジャストインケース、デザイン的に好みで、性能や特性が自分の求める方向にバッチリ合っており、尚且つMTの設定が無いクルマに遭遇してしまった場合はどうするか?これも簡単です。買わない。これに尽きます。

自動車メーカーがMTの設定を作らないのはメーカーの怠慢です。きっと「MT作ってもペイ出来ない」とか言うのです。ペイってなんだ!ってカンジですね。甘えるな!と言いたいです。でもメーカーさんも商売ですからね。その辺はしょうがないかな、とも思えます。

しかしここで、「仕方無いからATを買うか」という人が出てくると、メーカー側も「なんだ。ATだけでも売れるじゃん」と勘違いしてしまいます。欲しいクルマがATしか無いなら買わない。MT派としては、この姿勢が非常に重要です。この、ATしか無いなら買わない姿勢が、メーカー側に「MT出さないと売れないなぁ。MT作るか!」と思わしめるのです。たぶん。

というわけで、身近な人で上記の理由でAT車を買おうとしている人がいたら全力で止めて下さい。

あ。これってひょっとして営業妨害になりますか?なってたらごめんなさい。といってもここで何書いても影響力は無いに等しいと思いますのでお許しください。

続く(きっと)
posted by Nlog at 09:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする